物流業界での薬剤師の求人とは

薬剤師1

薬剤師の職場として物流センターなどの物流業界の現場もあるということを知っているでしょうか。多くの薬剤師から注目されている職場なので、転職のときには調剤薬局や病院に限らずに見てみると良いでしょう。この記事では物流業界でなぜ薬剤師が必要とされているのか、転職するメリットやデメリットは何なのかを解説します。

物流業界ではなぜ薬剤師が必要なのか

物流業界でなぜ薬剤師の募集があるのかをまずは確認しておきましょう。物流業界には様々な業者がありますが、共通しているのは商品や原料などを運ぶ業務を担当していることです。ある業者から依頼を受けて商品などを受け取り、依頼された先へ運んで納品するのが仕事になっています。

逆に商品が必要な業者から依頼を受けて、指定された業者の倉庫などから運んでくるという業務もあります。いつどこに荷物を取りに行くか、その荷物をどの業者にいつ届けるのかも聞いて依頼通りにこなすのが基本です。このような物流業界では医薬品や医薬部外品を運ぶこともあります。

医薬品のメーカーが製造した医薬品を卸業者に運んだり、卸業者から販売店へ運んだりするのも物流業者の重要な仕事だからです。卸業者が自らメーカーまで医薬品を取りに行き、販売店に配送するといったサービスをしていることもありますが、大半のケースでは物流業者が利用されています。

そのため、物流業者は一時的に医薬品や医薬部外品を物流センターなどの倉庫に保管し、必要なタイミングで指定された業者に運ぶことが必要になっています。

医薬品や医薬部外品の保管をするときには適正管理をしなければなりません。その要件の一つとして求められているのが管理薬剤師を置くことなので、物流業界からも薬剤師の求人がよく出されています。

有給休暇に関するメリットが大きい薬剤師の求人の選び方

物流業界での薬剤師の需要

物流業界の求人を選ぶメリットやデメリットについて考える前に知っておくと良いのが、物流業界における管理薬剤師の需要が伸びていることです。管理薬剤師の仕事は物流センターなどの倉庫以外にも、医薬品製造工場や医薬品販売店などもありますが、需要が著しく伸びているのは物流業界だけなのが現状です。

これはインターネットによる通信販売で医薬品の取引が可能になったのが大きな理由として知られています。それまではメーカーと卸業者、卸業者と販売店という形での物流、つまりBtoBのビジネスをしている物流業者だけが管理薬剤師を必要としていました。

しかし、販売店から消費者へという経路も生まれてきたため、運送の際に一時保管をすることになると管理薬剤師を置かなければなりません。インターネット通販の利用も急速に広がっているため、BtoCの業務の重要性も高まっています。

そのため、管理薬剤師による医薬品や医薬部外品の適正管理が可能な倉庫を増やそうという動きが強まり、人材確保が大きな課題となっているのです。

物流業界で働くメリット

薬剤師14

それでは物流業界で管理薬剤師になるメリットについて考えてみましょう。管理薬剤師の業務は倉庫で医薬品や医薬部外品が適切な状態で保管されていることを確認することです。医薬品の種類によって厳密に保管温度が決まっていることもあり、指定されている温度をきちんと保てていたかを確認して保証することが求められます。

温度管理やその記録などは自動化されているのが普通なので、その結果を目視により確認するのが主な仕事です。単純な作業なので誰にでもできるのがメリットで、求人でも未経験を可としていることがよくあります。物流業界の企業はいわゆる一般企業なので、医療を担う病院や調剤薬局とは待遇も異なります。

物流は土日も含めて行う必要があるのは確かですが、基本的には完全週休二日制での採用になっています。土日の対応については現場によって違いますが、当番制で月に一回くらい出勤しなければならないか、パートなどを雇っていて他の人が担当するから出勤不要という形になっているのが通例です。

残業もほとんどなくて定時通りに働けるのが一般的になっています。夜勤などもないので働きやすい環境を手に入れられるでしょう。また、物流業者は大手も多く、福利厚生が手厚い現場もたくさんあるという点もメリットです。

物流業界で働くデメリット

物流業界の管理薬剤師になるデメリットは作業がルーチンになることです。毎日、問題なく医薬品や医薬部外品の管理ができていることが最も重視されるので、調剤や服薬指導をしているときのように仕事に変化があまりありません。

仕事のあり方にいつも変化があって刺激が多い方が好きだという人には向かない可能性が高いので注意しましょう。また、調剤や服薬指導のように人とのコミュニケーションの機会は少なめです。黙々と業務をこなしていくのが得意な人には向いていますが、人といつも話をしていないとつらいという人にはあまり向かない仕事でしょう。

また、企業で働くという選択肢の中では年収が低めになるのもデメリットです。管理薬剤師として手当が出るものの、基本給がもともと低いので平均年収は300万円~500万円になっています。

調剤薬局などでは800万円くらいまで年収が上がっている人もいることを考慮するとやや不満になるかもしれません。ただ、その分だけワークライフバランスを整えやすくなっていると考えると妥協できる人もいるでしょう。

求人数の実態に注意しよう

薬剤師4

物流業界も検討してみたいと思った人が理解しておきたいのが求人の実態です。前述のように需要は高まっていて募集は以前に比べると活発になっています。しかし、安定職として定年まで働き続ける人が多い影響で、物流業界の管理薬剤師の求人数は常に多いわけではありません。

新しい倉庫や物流センターを設置したり、前任の薬剤師が退職したりしたときに求人が出ます。そのため、常に求人情報に目を向けておき、求人が出たらすぐに応募することが大切です。

決して募集は多くないという点には注意して必死に探すようにしましょう。

物流業界で働くことも視野に入れてみよう

薬剤師は調剤薬局や病院で働くのが当然だと思ってしまいがちですが、企業でも活躍できます。物流業界では医薬品や医薬部外品の流通のために倉庫で管理を担当する管理薬剤師が必要とされています。ルーチン作業で残業が少なく、福利厚生が整っている現場が多いのが特徴です。

向き不向きはありますが、転職のときには候補として検討してみましょう。

詳細…薬剤師転職サイト ... 大阪府の薬剤師求人・転職・募集 | アポプラス薬剤師